当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

大学受験 模試・過去問

大学受験の過去問との相性の調べ方について解説!【英数国編】

大学受験の過去問との相性の調べ方について解説!【英数国編】のアイキャッチ画像

過去問の相性の調べ方を教えて下さい。英数国で受験するのですが、どこを見ればいいですか?

こんな疑問に答えます。

この記事では、「過去問の相性を見るときの流れを紹介します。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
僕も現役生のときに、過去問を見るよりも解くことがメインになっていました。

浪人してからは、過去問で何を日々するべきか意識して有効活用することができました。

最後までお読みいただくと、各科目の過去問で見ておくべきポイントも紹介しています。

ではさっそく見ていきましょう。

 

大学受験の過去問の相性を見るときの流れ

大学受験の過去問の相性を見るときの流れの画像

まずは、大学受験の過去問の相性を見るときの流れについて解説します。

  1. 行きたい大学・学部を決める
  2. 相性を見るのは併願校がメイン
  3. 大問別で解きやすい形式を集める

それぞれ説明していきますね。

流れ①:行きたい大学・学部を決める

まずは自分が行きたいと思える学部を決めることが最優先です。

そうは言っても、高校生・浪人生に心から進むたい学部を選べというのは酷な気がします。

僕も学部を選ぶことができなかったので、将来の夢と学部を結びつけて考えていません。

むしろ2つを結びつけて納得できるのであれば、自分の学部選び・進路にそこまで悩むことはないと思います。

行きたいと思える学部が決まったら、ここで第一志望の大学を決めていきましょう。

上記のポイントを見つつ、自分が4年間通えそうな大学を見つけて下さい。

両方とも1週間しても決まらない人は、有名大学を目指すというのもありです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
学部がまだ決まっていない人は先に以下の記事を参考にしてみてください。
行きたい大学の学部が決まらない原因と決め方のコツ紹介!のアイキャッチ画像
進学したい学部の決め方のコツを紹介!

 

流れ②:相性を見るのは併願校がメイン

併願校を自分との相性で決めるのは、全然悪いことではありません。

過去問の相性を見ておくの画像

むしろ、第一志望に落ちたときに行く保険なので、確実に併願校は抑えとして取ることが大切です。

特に第一志望を挑戦する人は、併願校は確実に取れるところを選ぶべきです。

行きたいのは第一志望なのに、併願校に時間をかけすぎて落ちてしまっては、本末転倒です。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
大学選びに迷ったときの改善策をまとめているので、参考にしてみてください。
大学選びに悩んだときに読むロードマップのアイキャッチ画像
大学選びに悩んだときに読むロードマップ

 

流れ③:大問別で解きやすい形式を集める

第一志望や併願校の候補がいくつか決まれば、実際に問題形式を見てみましょう。

過去問を見るといっても、全体を見るのではなく、大問別に分けて問題の出題方法を確認しましょう。

英文法1つにせよ、選択肢や並び替えや文章の中に紛れているかなど色々な種類があります。

また、第一志望にこだわりがないのであれば、解けそうな形式で選ぶのもありです。

自分にあった問題形式かの画像

受験しやすそうな問題のために勉強しているとなると、日々の勉強も頑張れるのではないでしょうか。

志望校が決まっていないと、ある時期に勉強している理由が分からなくなってしまうことがあります。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
せっかくやってきたのでに、途中で受験勉強に挫折するかもしれません。

 

英語の過去問を分析するときのポイント

英語の過去問を分析するときのポイントの画像

次は、英語の過去問を分析するときのポイントについて紹介します。

  1. 英文法:どのように英文法を問われているのか
  2. 長文問題:文字数・出題形式・数
  3. 英作文:和文英訳・英作文の問題数と字数

順番に解説していきますね。

英文法:どのように英文法を問われているのか

学校でも受験勉強のためにも英文法を勉強しているでしょうが、実際の問題形式を知っていますか。

英文法のよくある出題形式

  • 4択の選択式形式
  • 並び替え形式
  • 空所補充形式
  • 熟語を利用した形式
  • 会話形式

全ての大学が全部利用しているわけではなく、どれかを2〜3個利用していることが多いです。

マーク式であることもあれば、記述式で答えなければいけない問題も存在します。

文法だけの大問別になっていることもあれば、長文の中に少しだけ紛れていることもあります。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
たまに珍しい形式も存在しますが、その問題に関しては対策したものガチな気がします。

 

長文問題:文字数・出題形式・数

受験する大学によって、英長文の問題の特徴が違います。

英語の長文問題の画像

長文の数や問題数にもそれぞれの大学が目安が決まっており、最終的なゴールを決めることができます。

英長文が500字程度が2問出る大学を受験する人が、1000文字の英長文を勉強する必要はないでしょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
しっかりと自分に合った目標を見つけ、そこに向かって勉強していきましょう。

 

英作文:和文英訳・英作文の問題数と字数

国公立大学がメインになりますが、英作文が出題される大学もあります。

英語の英作文の画像

英作文を最初から得意という人は少ないと思うので、受験すると決めたら対策すること必須です。

2つとも出題する大学もあれば、自由英作文だけが出題される大学もあります。

この形式が出題される大学は、文法の勉強中から実際に書けることを意識して勉強しておきましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
英作文のやり方の解説を別記事にまとめる予定なので、しばしお待ちください。

 

数学の過去問を分析するときのポイント

数学の過去問を分析するときのポイントの画像

次は、数学の過去問を分析するときのポイントについて紹介します。

  1. 出題分野:1A・2Bまで・問題数・難易度
  2. マーク式:誘導に乗っての解きやすさ
  3. 記述式:一から誘導なしで問題に手が出るか

順番に解説していきますね。

出題分野:1A・2Bまで・問題数・難易度

受験する大学や学部によったら、1Aまでで受験できる大学も存在します。

また理系であれば、Ⅲまで必要ではなく2Bまでで受験することが可能な理系学部もあります。

数学の過去問で確認しておくこと

  • 出題範囲がどこまで
  • 出題形式がマークか記述か
  • 問題数が何個か+制限時間
  • 難易度がどれくらいで何%得点すればOKか

基本的に、数学の過去問で満点取ることを目指す必要はありません。

合格最低点から何点取れれば問題ないかを理解しておけば、それで大学合格というゴールには十分です。

ちなみに抑えの大学であれば、高得点を目指して勉強することは大切です。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
数学は基本の組み合わせなので、今まで勉強したことを振り返ってみて下さい。

 

マーク式:誘導に乗っての解きやすさ

数学のマーク式の問題は、解答の誘導に乗って解くことが求められています。

数学のマーク式の画像

自分で考えた別解で解くというよりも、決められた形に乗って答えを求めることが重要です。

すでに書いていることから、次に何をしているか素早く読み取る能力が必要だと思います。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
普段から次の流れを意識して勉強しておきましょう。

 

記述式:1から誘導なしで問題に手が出るか

国公立大学がメインになりますが、数学の記述が出題されることがあります。

数学の記述式の問題の画像

誘導があるときに比べて自由なのですが、最初から答えまでを全部自分で求めるのは大変なことです。

途中にヒントとなる問題があり、それを使って解くことも多くあります。

この形式が出題される大学は、記述になってもしっかりと書けることを意識しておくことが必須です。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
数学の記述式の勉強を別記事にまとめる予定なので、しばしお待ちください。

 

国語の過去問を分析するときのポイント

国語の過去問を分析するときのポイントの画像

最後に、国語の過去問を分析するときのポイントについて紹介します。

  1. 出題分野:現代文・古文・漢文のどこまで
  2. マーク式:出題分野と時間制限
  3. 記述式:出題分野・文章量・記述の文字数

順番に解説していきますね。

出題分野:現代文・古文・漢文のどこまで

国語の受験勉強で求められている範囲は、大学によってかなり違います。

国公立大学でも、2次試験で漢文が必要ではない大学もあります。

国語のよくある出題分野

  • 現代文のみ
  • 現代文と古文
  • 現代文と古文と漢文

共通テスト利用でも同様に、現代文・古文のみで判断されることが多いです。

本当に受ける大学によって、記述が必要かマークのみでやることが変わってくる科目です。

残された時間と自分の国語全般の実力を把握して、今後の流れを決めていきましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
特に古文・漢文の記述式は難しく、事前に対策していないと点数するのが難しいイメージです。

 

マーク式:出題分野と時間制限

受験する大学によって、国語の出題範囲や選択肢の長さが違います。

国語のマーク式の問題の画像

文章の長さや問題数にもそれぞれの大学が目安が決まっており、最終的なゴールを把握することができます。

例として古典の文章が短くて、現代文の文章が長い大学があります。

国語はマーク式だから適当にやっててもいけるではなく、できる限り準備しておくことが大切です。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
その問題形式に合った勉強を計画していきましょう。

 

記述式:出題分野・文章量・記述の文字数

国公立大学がメインになりますが、国語の記述が出題されることがあります。

国語の記述式の問題の画像

国語の記述式は基本的に時間は多く設定されていることが多いですが、自分の言葉で書いていくことは大変です。

文章中にあるヒントに気づき、それを相手に分かりやすく伝えることが大切です。

苦手な人も多いですが、周りの受験生と同じくらいできたら問題ありませんので、そこを目指して頑張りましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
国語の記述式の勉強を別記事にまとめる予定なので、しばしお待ちください。

 

まとめ:自分の得意・苦手分野を把握する

自分の得意・苦手分野を把握するの画像

「過去問の相性を見るときの流れ」を解説しました。

過去問は自分が受かりたい大学に合格するために必要なことを把握できるアイテムです。

それを知っておくだけで、とりあえず演習しておこうという人と差をつけることができます

また過去問だけでなく、自分の得意・苦手分野を把握することも大切です。

その2つを比較しつつ、戦略的に自分に合った受験大学を探すべきです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
もちろん全部できるところを受けるのではなく、苦手を得意にすることも考えましょう。

noteの宣伝

最近はnoteを更新してます。

詳しくはコチラ

※良ければ、noteもどうぞ!

-大学受験, 模試・過去問