当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

大学受験 模試・過去問

過去問を受ける環境をまとめてみた!あえて集中できない所でTRY

過去問を受ける環境をまとめてみた!あえて集中できない所でTRYのアイキャッチ画像

過去問をするときの環境について教えてください。過去問って静かな場所で解くべきではないのですか?

こんな疑問に答えます。

この記事では、「過去問を解くおすすめな場所を紹介します。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
過去問を静かなところでしか解かない人も一定数いるかと思います。

悪いことではないのですが、騒がしいところでも過去問を解いてもいることをおすすめします。

最後までお読みいただくと、過去問を解くする際に注意するべきことも紹介しています。

ではさっそく見ていきましょう。

 

過去問を解く環境を気にする理由

過去問を解く環境を気にする理由の画像

まずは、過去問を解く環境を気にする理由について説明します。

  1. 過去問に集中するため
  2. やり直しまで冷静にするため
  3. 本番に何が起こるか分からないため

それぞれ説明していきますね。

理由①:過去問に集中するため

せっかく過去問を解くのであれば、それだけに集中して取り組むべきです。

国公立の過去問であれば、1年で1回しか作られていなく、思っているよりも貴重なものです。

過去問は貴重品?!の画像

それ以前に、せっかく勉強すると決めたのであれば、少しでも高い質で勉強する方が効率がいいでしょう。

勉強する環境を意図的に整えることで、集中力も自然と上がり、過去問に向き合うことができます。

集中できる環境作りのコツ

  • スマホや漫画を持ち込まない
  • 勉強することを事前に決めておく
  • 人目のつく場所で勉強する
  • 集中できる環境を事前に知り、意図的に用意する

勉強に自然に集中できる人よりもそうではない人の方が多いです。

ですが、長期間勉強を継続していると自然と集中できるタイミングがやってきます。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
それまではどんな環境なら集中できるか探り探りでやってみましょう。

受験生が集中できる場所をいくつか持っておくべき理由も紹介しているので、参考にしてみてください。

受験生が先に勉強する場所を決めておくべき理由【おすすめの場所】のアイキャッチ画像
受験生が先に勉強する場所を決めておくべき理由

 

理由②:やり直しまで冷静にするため

過去問は解くだけではなく、やり直しをして課題を出すことまでが大切です。

過去問を解いた後の流れの画像

環境を整えていないと演習だけで満足してしまい、やり直しを適当にしてしまうことがあります。

勉強することから離れたい気持ちも分かりますが、大切なのは今後の課題を見つけることです。

過去問を演習して問題形式に慣れることが課題であれば、演習をメインでもOKです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
課題が見つかったら、優先順位を決めて実際に行動しましょう。

 

理由③:本番に何が起こるか分からないため

本当に大学入試本番では、何が起きるか分からないです。

入試本番では何が起こるか分からないの画像

実際に下2つの例は、自分が経験した話で、試験中に驚いたり焦ったりとした記憶が残っています。

また試験中に頭が真っ白になる経験をしたことがあり、日々緊張感を持っておく必要があると思いました。

頭が真っ白になることは想定できませんでしたが、それでも覚えている状態を意識して勉強しておきましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
入試1ヶ月前にやっておくことをまとめているので、参考にしてみてください。
大学受験の入試前にやっておくことのロードマップのアイキャッチ画像
大学受験の入試前にやっておくことのロードマップ

 

過去問を解くおすすめな場所

過去問を解くおすすめな場所の画像

次は、過去問を解くおすすめな場所について解説します。

  1. 学校の図書館・塾の自習室
  2. 自宅のリビング
  3. 勉強可能なカフェ・飲食店

順番に解説していきますね。

おすすめ①:学校の図書館・塾の自習室

学校の図書館や塾の自習室であれば、勉強していても違和感はありません。

図書館や自習室で騒いている人もいないでしょうし、集中することができる環境としておすすめです。

予備校は勉強するところの画像

そのため、過去問に挑戦しようとしても周りに意識を持っていかれることなく、集中して行えるでしょう。

基本的に過去問は静かで集中できる場所で行いましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
過去問の解き方3パターンをまとめているので、よければ一緒にどうぞ。
大学受験のための過去問の解き方3種類をまとめて解説!のアイキャッチ画像
大学受験のための過去問の解き方3種類をまとめて解説!

 

おすすめ②:自宅のリビング

過去問を解くときに、自宅のリビングで勉強することもおすすめです。

リビングだと少し騒がしいときもありますが、過去問をあえてそこで解くのはありです。

自宅のリビングがおすすめの理由

  • 荷物が多くでも持ち運ぶ必要がない
  • 家族の目があり、程よく集中できる
  • 兄弟姉妹と一緒に勉強することができる

常に過去問をリビングでする必要はないですが、ときどき気分転換のつもりで解いてみてはいかがでしょうか。

ただテストを解いている時間は、テレビをつけないなどの家族の協力が必要です。

人目のある状態で、過去問を解いてみることが大切なので、自分の部屋はおすすめしません。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
僕も家で勉強をするときは、緊張感を持つためにリビングで勉強していました。

 

おすすめ③:勉強可能なカフェ・飲食店

普段の勉強をカフェや飲食店でするのはおすすめしていませんが、過去問を解くだけならありかなと思います。

過去問を飲食店で解く?の画像

受験本番に何があるか分からないので、いつもと違う環境で過去問を解いてみましょう。

ちなみにですが、練習する場所が必ずしも飲食店である必要はありません。

もちろん勉強禁止のカフェで解くことはNGなので、近くに勉強できる場があればでOKです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
解き終わったらすぐに移動して、過去問のやり直し・分析をしましょう。

 

過去問を解く際に注意するべきこと

過去問を解く際に注意するべきことの画像

次は、過去問を解く際に注意しておくことについて紹介します。

  1. 机の上には過去問とペンのみ
  2. 模試や併願校で本場の空気を味わう
  3. 過去問を適当に解きまくるのはNG

順番に解説していきますね。

注意点①:机の上には過去問とペンのみ

基本的に過去問を解くときには、机の上を最低限のアイテムだけにしましょう。

基本的に、問題用紙とペンがあれば問題ないでしょう。

また、時計と消しゴムが必要な人は先に用意しておきましょう。

過去問に集中するためには、机の上のものを少なくしておいた方がいいです。

そうすることで、他のことに意識が向く時間が減って、目の前の問題に集中することができます。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
環境を整えることで、最大限の状態でテストに挑むことが可能になります。

 

注意点②:模試や併願校で本場の空気を味わう

過去問だけでなく、実際に模試や併願校の受験のときに、空気感を味わっておきましょう。

入試の空気感を味わうの画像

実際に試験会場に行って、受験生に囲まれながら受験することが1番いいです。

しっかりと併願校まで決めて、本命の大学に集中できる状態を作りましょう。

  • 全ての受験終了後に進路が決まらないことをなくす
  • 本番に備えて試験慣れをする
  • 合格後に選択肢を増やす

ただ併願校受験の際に、本気で志望していなかったら、第一志望は緊張してしまうこともあります。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
併願校の選び方についてまとめているので、よければ一緒にどうぞ。
併願の大学をどうやって選ぶ?受験開始前に決めておく理由とコツのアイキャッチ画像
併願の大学をどう選ぶ?受験開始前に決めるコツ

 

注意点③:過去問を適当に解きまくるのはNG

過去問を適当に解きまくることは絶対にやめておきましょう。

それならば、過去問を解かずに普段の勉強をしていた方がマシです。

過去問を解きまくっても成績が伸びない理由

  • 過去問に載っている解説量が少ない
  • 過去問を解くアウトプットしかしていない
  • 基礎がついていなかったら成長しない
  • 受験する大学によって傾向が違う

過去問を使う際は、しっかりと目的を持って利用しましょう。

目的なしで過去問するのはNGの画像

上記に当てはまらず、数をこなさないと不安だからという理由で解くことはおすすめしていません。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
過去問を解く環境も大切ですが、解く目的も同様に大切です。

 

まとめ:常に実力を出せるように意識しよう!

常に実力を出せるように意識しよう!の画像

「過去問を解く場所を意識するべき理由」を解説しました。

基本的には、静かな場所で最大限集中して過去問に取り組むことが大切です。

ときどき、あえて少し騒がしい場所で過去問を解いてみるのがおすすめです。

ただし周りに迷惑をかけてしまうならば、絶対にNGです。

勉強できるかどうかの確認は高校生なのですし、自己責任でお願いします。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
本番に備えた対策をしっかり行い、納得した結果を出せることを願ってます。

noteの宣伝

最近はnoteを更新してます。

詳しくはコチラ

※良ければ、noteもどうぞ!

-大学受験, 模試・過去問