当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

大学受験 模試・過去問

大学入試の過去問の復習の仕方解説!共テ・2次試験別で何周する?

過去問の復習の仕方を教えてください。共テと記述試験のそれぞれ復習の仕方は一緒でいいですか?

こんな疑問に答えます。

この記事では、「過去問の復習するときに意識することを紹介します。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
僕も現役生のときに、過去問に翻弄されて納得する使い方をできていませんでした。

浪人してからは、過去問1つ1つを大切にし、有効活用することができました。

最後までお読みいただくと、それぞれの形式の過去問の復習の仕方も紹介しています。

ではさっそく見ていきましょう。

 

過去問の復習するときに意識すること

過去問の復習するときに意識することの画像

まずは、過去問の復習するときに意識することについて解説します。

  1. 勘で当たった問題がないか確認
  2. そもそも解けなかった問題とミスをした問題に分ける
  3. 間違った問題で、以前で似た問題を解いたことがあるか確認
  4. 志望大学の頻出の問題や傾向を把握し、今後の課題を出す

それぞれ説明していきますね。

その①:勘で当たった問題がないか確認

選択式の問題だと、勘で当たった問題もいくつか出てくるときがあるでしょう。

過去問のやり直しの画像

問題集のときに勘で当たることはあんまりないかもしれませんが、過去問を解き出すとたまにあります。

もちろん、偶然勘で当たっただけの問題を放置するのはNGです。

どこまでが根拠を持って解けて、どこからの知識が足りていなかったか確認しましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
同様に模試の点数が悪かったときにしたいことをまとめているので、参考にしてみてください。
模試の点数が悪かったときにしたいこと【模試のやり直しの仕方】のアイキャッチ画像
模試の点数が悪かったときにしたいこと【模試のやり直しの仕方】

 

その②:そもそも解けなかった問題とミスをした問題に分ける

次は、間違えた問題を3種類に分けていきましょう。

過去問のやり直しの画像

凡ミスで失点してしまったミスは、原因を突き止めて、今後起こらないようにメモしておきましょう。

やり直しで問題になるのは、理解できずに間違えてしまった問題です。

答えを見ると理解できる問題は、再現可能かもしれませんが、手が動くとは限りません。

特に記述試験メインのテストだと、諦める問題がいくつか出てきても仕方がない大学もあります。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
以下では過去問の解き方についてまとめているので、参考にしてみてください。
大学受験のための過去問の解き方3種類をまとめて解説!のアイキャッチ画像
大学受験のための過去問の解き方3種類をまとめて解説!

 

その③:間違った問題で、以前で似た問題を解いたことがあるか確認

過去問では間違えたけど、解説見たらできそうという問題を以前見たことがないか確認しましょう。

見たことがなくても、参考書のどの知識を単体・組み合わせで使っているかは確認できるでしょう。

  • 英語の単語の〇〇+英文法△△の単元□□の内容
  • 数学の参考書p.〇〇+p.△△の組み合わせ
  • 国語の現代文の□□という解き方

今まで使ったことのある知識を関連付けておくことで、日々の勉強が重要なことを再確認できるでしょう。

過去問も、日常生活も結局、実際に経験しないと言っていることの大切さが分からないです。

今勉強してることが、直接的に受験勉強に結びついていると気付けたら幸せです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
そのため、過去問はたくさん解くことよりもしっかりと復習することをおすすめしています。

 

その④:志望大学の頻出の問題や傾向を把握し、今後の課題を出す

志望校の傾向を掴むには、過去問を3年ほど見ておけば問題ないです。

第一志望の過去問の画像

直前の1年分を残しておき、その前の3年分を傾向分析・勉強の方針立てに使うのがおすすめです。

過去問分析でやっておきたいこと

  • よく出題されている問題の確認
  • 問題を解く順番を決める
  • 大問ごとの目指す得点を決める
  • 何があれば点数が上がるかの分析

ここで大切になってくるのが、今後を課題を具体的に決めることです。

たくさん課題が出てくる人もいますが、どこの分野から修正するか決めましょう。

課題が多いならば、すぐに得点に結びつきそうなものから取り組んでいきましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
ちなみにですが、まずは基本事項の確認と凡ミス対策が優先ですよ。

 

共テ・マーク式のテストの復習の仕方

共テ・マーク式のテストの復習の仕方の画像

次は、共通テスト・マーク式のテストの復習の仕方について紹介します。

  1. メイン:その答えに至る過程・根拠を確認と再現性
  2. 回数:テスト後すぐと、直前期の2周すれば問題ない
  3. 注意点:勘で解けた問題も厳しく復習するべき

順番に解説していきますね。

メイン:その答えに至る過程・根拠を確認と再現性

マーク式では4〜9択の選択肢があり、答えがすでに用意されています。

そのため答えを出す作業よりも、過程・根拠を復習することが大切です。

答えだけ覚えていても、過程を理解していなかったら、類題にも対応することが難しくなります。

結局のところ、過去問と同じ問題が出ることはほぼないので、解き方を意識しておきましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
答えだけ合っていても、解き方が微妙なら確認必須です。

 

回数:テスト後すぐと、直前期の2周すれば問題ない

マーク式の問題は、すでに答えを覚えてしまっているので、復習を2周すれば問題ありません。

  • テスト直後:解き方の確認
  • 受験直前期:解き方の再確認と再現できるか思考

答えを覚えてしまっている可能性が高いので、復習の数よりも中身を重視しましょう。

解いた問題を直前まで残しておくことが大切です。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
直前期に勉強することをまとめているので、参考にしてみてください。
入試前の勉強の過ごし方を徹底解説!【タイプ別に紹介】のアイキャッチ画像
入試前の勉強ですることを徹底解説!【種類別】

 

注意点:勘で解けた問題も厳しく復習するべき

マーク式の過去問は勘で解けても、根拠や過程が分かっていなかったら、復習しておきましょう。

マーク式のやり直しの画像

せっかく惜しいところまでできているので、次回出題されたときには確実に点数を取れるようにしておきましょう。

結局のところ、2回目出会った問題を取れるか落とすかで合格がかかっています。

初見の問題を知識なしで、解くことなんて勘以外では不可能です。

結局のところ、どこまで当たり前の基準を上げれるかにかかっています。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
過去問は演習することよりも復習が大切なことを忘れないで、利用して下さい。

 

2次の記述式のテストの復習の仕方

2次の記述式のテストの復習の仕方の画像

最後に、2次の記述式のテストの復習の仕方を紹介します。

  1. メイン:どこの部分でできなかったのか確認
  2. 回数:テスト後・1ヶ月後・直前の3回
  3. 注意点:解けない問題を割り切ることも大切

順番に紹介していきます。

メイン:どこの部分でできなかったのか確認

記述式は選択肢がなく、自力で答えを出すことが求められています。

選択肢のときと同様に答えを出す作業よりも、過程からしっかりと書ける状態にすることが大切です。

答えだけ覚えていても、過程を理解していない記述だと、記述式では0点になることがあります。

こちらでも同様に、過去問と同じ問題が出ることはほぼないので、解き方や書き方を意識しておきましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
使う公式や根拠を何個か確認して、どこが理解できなかったか復習しましょう。

 

回数:テスト後・1ヶ月後・直前の3回

記述式の問題は、すでに答えを覚えているかもしれませんが、解答を作れるとは限りません。

そのため、復習は3周以上することをおすすめしています。

  • テスト直後:解き方・書き方の確認
  • テスト1ヶ月後:解答の再現
  • 受験直前期:再現できるか再確認

答えだけを覚えてしまっている可能性が高いので、解答再現までできるように心がけましょう。

記述式の過去問も、解いた問題を直前まで残しておくことが大切です。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
直前期の考え方もまとめているので、参考にしてみてください。
大学入試直前の考え方をまとめてみた。これらを意識して過ごそう!のアイキャッチ画像
大学入試直前の考え方・過ごし方をまとめてみた!

 

注意点:解けない問題を割り切ることも大切

記述式の過去問は、解説を見ても理解できないときは割り切ることが大切です。

過去問で理解できないのは悔しいですが、問題が難しすぎてそもそも点数が取れない試験もあります。

入試の基本的な考え方の画像

国公立の記述試験は、基本的に5〜6割ほど得点できたら合格することができます。

結局のところ、みんなができる問題を確実に得点することにかかっています。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
難問が出たときほど、周りの受験生も多分できないから割り切ろうと考えましょう。

 

まとめ:過去問は2周以上復習する前提で解こう!

過去問は2周以上復習する前提で解こう!の画像

「過去問を復習するときに意識しておくこと」を解説しました。

過去問は演習するだけでなく、復習をして今後に繋げることが大切です。

ただ無心で過去問を解きまくるだけでは、点数が上がらないことはよくあります。

周りの受験生の中には、とりあえず演習という人もいるので、戦略的に過去問を利用するべきです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
過去問をする目的を把握した状態で、過去問に挑んで復習しましょう。

noteの宣伝

最近はnoteを更新してます。

詳しくはコチラ

※良ければ、noteもどうぞ!

-大学受験, 模試・過去問