当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

大学受験 模試・過去問

大学受験のための過去問の解き方3種類をまとめて解説!

大学受験のための過去問の解き方3種類をまとめて解説!のアイキャッチ画像

大学入試の過去問の解き方を種類別に詳しく教えてほしいです。どのタイミングにどの解き方をすればいいかまで知りたいです。

こんな疑問に答えます。

この記事では、「大学入試の過去問の解き方の種類を紹介します。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
僕も高校3年間と浪人の間で、入試本番のために過去問を使い対策してきました。

記事を書いている現在は大学生なので、当時を振り返りながら解説していきます。

最後までお読みいただくと、どのタイミングにどの解き方をするのがおすすめなのかも紹介しています。

ではさっそく見ていきましょう。

 

制限時間関係なしで全て解答するやり方

制限時間関係なしで全て解答するやり方の画像

まずは、制限時間を気にせずに全て解答する解き方について解説します。

  1. 理由:時間を気にせず、問題に全て触るため
  2. メリット:今後の勉強方針が立つ
  3. 注意点:問題ができなくても凹む必要ない

それぞれ説明していきますね。

理由:時間を気にせず、問題に全て触るため

過去問を時間制限ありで解いてしまうと、全問触ることができないことがあります。

特に共通テストの文系科目だと、素早く処理することが求められています。

学校などで受験したマーク模試を時間内に終わらなかった経験がある人も多いのではないでしょうか。

そのため、一度時間を気にせずに解いてみることが大切です。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
時間を気にするよりもまずは問題の傾向を掴むことが優先です。

 

メリット:今後の勉強方針が立つ

過去問を実際に全部見ることで、どのような問題が出題されているか分かります。

この形式のものを入試本番までに、合格最低点よりも上回ればその大学に合格することができます。

過去問から分かることの画像

例えば、英語の過去問を例にとって挙げてみると、以下のようになります。

  • 英長文:2題出題
  • 英文法:大問1つで10問の選択肢
  • 英作文:80字の自由英作文

こんな感じですと、長文の練習をメインにしつつ、英作文の対策もしないといけないなと思います。

そのために基礎となる英文法を勉強するときには、選択肢だけでなく最低限は使いこなせる勉強をすると後々楽です。

基本となる暗記の部分から、演習のことを意識して勉強している人とそうではない人では差がつくのは当たり前です。

入試問題を解くために、今の現状と必要な能力を比較し、課題を見つける作業を行いましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
以下の記事で、大学受験のために準備しておきたいことを紹介しているので、参考にしてみてください。
大学受験のための準備していておくことを学年・時期別で紹介!のアイキャッチ画像
大学受験のための準備を学年・時期別で紹介!

 

注意点:問題ができなくても凹む必要ない

過去問を時間無制限で解くときには、問題ができなくても全く落ち込む必要はありません。

過去問の使い方の画像

上記のように、苦手を分析して今後に活かすための過去問を解いているためです。

最初からできるのであれば、受験勉強しなくていい訳ですから、できなくて当然くらいの気持ちでいましょう。

受験勉強はメンタルも大切なので、この時点では気楽にいる方が問題なくていいです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
過去問を分析するのは、3年分くらいで十分です。

 

大問別で同じ種類の問題を解きまくるやり方

大問別で同じ種類の問題を解きまくるやり方の画像

次に、大問別で同じ種類の問題を解きまくる方法について解説します。

  1. 理由:同じ系統の問題に慣れるため
  2. メリット:問題が変わっても対応することができる
  3. 注意点:志望校によって、出来ないことがある

それぞれ説明していきますね。

理由:同じ系統の問題に慣れるため

毎日同じことをやっていると、無意識に体が動いてしまうことってありませんか。

部活動の基礎練習やスマホでのネットサーフィンなど色々なことがあるでしょう。

これを受験勉強でも利用することは、有効だと思っています。

同じ系統の問題を集めて、それだけを何回も解きまくってみましょう。

同じ系統の問題ばかりを解きまくると、どういうときにミスするか見えてきます。

凡ミスする傾向を集めるの画像

そもそも用語を覚えていないのか、知っているけど使いこなせていないのかという風に把握することが可能です。

受験勉強で大切なのは、1回した間違いをもう1度しないことです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
出会ったことのある問題を、確実に自分のものにしていきましょう。
模試の点数が悪かったときにしたいこと【模試のやり直しの仕方】のアイキャッチ画像
模試の点数が悪かったときにしたいこと【模試のやり直しの仕方】

 

メリット:問題が変わっても対応することができる

同じ系統の問題を繰り返し解くことで、問題形式が少し変わっても対応することができる可能性が上がります。

過去問の利用法の画像

同じ問題形式のものを解くことで、似たことがあるパターンを見たことがあるとなる可能性が上がります。

ずっと同じものを繰り返し解くことで、苦手意識も少し消えることもあります。

1科目の問題を丸々解こうとすると、1時間以上かかってしまい、やり直しも含めると2時間かかるのが普通です。

学校のある平日だけだと、それだけで勉強時間の半分近く使ってしまうことになりかねません。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
時間がないと感じている人は、大問別で分けることがおすすめです。

 

注意点:志望校によって、出来ないことがある

同じような問題形式を解きまくることに関してですが、志望大学によってはできないこともあります。

過去問の大問別の演習の画像

たまにあるのですが、数学が1桁や英語が3割でも他の科目の点数次第で合格することのできる大学もあります。

本番ですら点数が取れないのに、その前の時期では解くことは厳しいと思います。

繰り返して解く必要がない科目があれば、他の科目を優先して勉強しましょう。

また大学によって、繰り返し解くための問題集がないこともあります。

繰り返し利用できるものがないのであれば、それに似ている問題集を使うのが最善策です。

  • 英作文:英作文の練習できる参考書
  • ベクトルの範囲:ベクトルだけ勉強できる問題集
  • 古典文法:古典文法の問題集

苦手範囲が分かっているのであれば、その範囲専門の参考書を買って、対策することをおすすめします。

むしろ、どの範囲から来ても解けるようになるためには、その範囲の全体像を抑える方がいいです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
苦手範囲があれば、いつまでに改善することを考えておけばOKです。

 

解く順番を意識して、時間内で解くやり方

解く順番を意識して、時間内で解くやり方の画像

次に、解く順番を意識して時間内に解く方法について解説します。

  1. 理由:本番には時間制限があるため
  2. メリット:本番と同じように解くための練習になる
  3. 注意点:できる・取れる問題から解いていこう

それぞれ説明していきますね。

理由:本番には時間制限があるため

実際の試験には、それぞれ時間制限があります。

時間制限の中で問題を解くことができなければ、その分は得点にならず、減点されてしまいます。

限られた時間の中で、出題された問題にどれだけアプローチできるかが、大切です。

全部解く必要はないかもしれませんが、時間内にできることを最大限にするために、事前に練習は必須です。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
入試前に勉強しておくことも同時に参考にしてみてください。
入試前の勉強の過ごし方を徹底解説!【タイプ別に紹介】のアイキャッチ画像
入試前の勉強ですることを徹底解説!【種類別】

 

メリット:本番と同じように解くための練習になる

実際に時間制限を設けることで、どこで時間がかかってしまうか分かります。

時間がなかったら出来るのになと思う気持ちは分かりますが、分析してみましょう。

過去問分析でやっておきたいこと

  • よく出題されている問題の確認
  • 問題を解く順番を決める
  • 大問ごとの目指す得点を決める
  • 何があれば点数が上がるかの分析

上記のことをやってみると、時間がかかる部分は何割取れたらOKなのか見えてきます。

時間内にそのクオリティであれば、できるかもと思えたら最高ですね。

反対にその範囲を諦めて、他の点数の底上げをするという手段も取ることができるかもしれません。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
しっかりと納得いくように分析して、合格を掴み取ってください。

 

注意点:できる・取れる問題から解いていこう

時間が限られているからこそ、得点するべきところから確実に取っていくことが大切です。

実際に何度か解いているからこそ、この分野は落とせないとか理解しているなら話が早いです。

なんとなくで自信がないならば、ネットや先輩に聞いてみることをおすすめします。

受験勉強で大切なのは、できること・できる可能性のあるものを失点しないことです。

入試の基本的な考え方の画像

1つのミスが合否を分けるなんて、大学受験においてはよくある話です。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
このことを意識して、過去問に取り組んでみてください。

 

どのタイミングでどの解き方をするのが良いのか?

どのタイミングでどの解き方をするのが良いのか?の画像

最後に、どのタイミングでどの解き方をすれば良いかを解説します。

  1. 最初の頃:時間無制限で問題分析
  2. 夏休み〜10月:大問別での過去問演習
  3. 11月〜12月:時間制限ありの過去問演習

目安としては、上記の時期に解いておけば問題ないです。

それでは、順番に紹介していきます。

最初の頃:時間無制限で問題分析

受験勉強最初の頃は、時間制限なしで問題分析に取り組みましょう。

分からないことがあれば、答えをすぐにでも見て、なぜこの答えになるか考えてみましょう。

そして、このくらいのレベルを受験当日までに、合格最低点まで持っていくことができたら合格できます。

実際に過去問を見ることで、なんのために勉強するか理解できたらこの時点ではOKです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
時期は問わず、早ければ早い方がいいと思います。

 

夏休み〜10月:大問別での過去問演習

過去問を大問別で解く意識をするのは、基本的な学習を終えた夏以降がおすすめです。

全科目夏休みから大問別で演習するよりは、仕上がってきた科目の順にするべきです。

過去問の大問別の演習の画像

この時点で、フルで過去問を解いてもやり直しに時間がかかるので、細分化して挑戦しましょう。

似たような問題を解く方が頭にも残りますし、関連付けがしやすくなるでしょう。

ここで大切なのは、全部一気にするというよりは、優先順位をつけて演習することです。

苦手な分野を優先的に潰していく方が、成績は伸びていきやすいので、意識してみてください。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
ここでそれぞれの問題ができるようになれば、あとはまとめて解くだけです。

 

11月〜12月:時間制限ありの過去問演習

本番に向けて、時間を意識して演習するのは、11月くらいからがおすすめです。

その前にフルで演習したらダメという訳ではないので、実力を試したい人は解いてくださいね。

反対にテスト1ヶ月前からは、演習するよりもやってきたことを振り返る時期にするべきです。

直前に問題を解きまくるのはNGの画像

直前に焦った状態で演習をしまくっても、結局頭に残らず、本番では使い物にならないことがあります。

直前期は、試験本番でも使いこなせる知識を再確認する時間にする方がいいです。

メンタル的にも、テスト直前に点数が足りてなかったら、凹んでしまうでしょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
直前期は、復習メインにするためにも、計画立てて過去問を解きましょう。

 

まとめ:目的を持って過去問に取り組む

目的を持って過去問に取り組むの画像

「過去問の3パターンの解き方」を解説しました。

過去問は、時期や受験生のレベルによって、使い方を変えるべきアイテムです。

点数が取れなくて落ち込むのは、やることを全てやってからにしましょう。

周りの受験生にはとりあえず演習しておこうという人もいるので、過去問を戦略的に利用しましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
自分の目的を把握した状態で、過去問に取り組んでいきましょう。

noteの宣伝

最近はnoteを更新してます。

詳しくはコチラ

※良ければ、noteもどうぞ!

-大学受験, 模試・過去問