当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

大学受験 模試・過去問

おすすめの大学受験のマーク・記述式別模試を紹介!

マーク・記述式別のおすすめの模試紹介!【受けすぎはNGです】のアイキャッチ画像

模試ってどの模試を受けたらいいですか?おすすめの模試があれば、教えてほしいです。

こんな疑問に答えます。

この記事では、「マーク・記述式のおすすめな模試を紹介します。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
僕も高3と浪人生で、模試を受けました。

記事を書いてる現在は大学生で、当時を振り返り、解説します。

最後まで読むと、模試を受験しすぎるとNGな理由も紹介してます。

では、さっそく見ていきましょう。

 

マーク式のおすすめな模試

マーク式のおすすめな模試の画像

まず最初に、マーク式のおすすめな模試を解説します。

  1. 河合塾の全統マーク模試
  2. 駿台の共通テスト模試
  3. 東進の本番レベル模試

それぞれ説明していきます。

おすすめのマーク式模試①:河合塾の全統マーク模試

学校で強制的に受験することの多い全統マーク模試は、おすすめです。

様々なレベルの受験生が受けるため、成績判定の信ぴょう性が高いです。

  • 4月:第1回全統共通テスト模試
  • 8月:第2回全統共通テスト模試
  • 10月:第3回全統共通テスト模試
  • 11月:全統プレ共通テスト模試

河合塾の全統マーク模試は、1年間で全4回あります。

その中でも、3回目の10月の模試が大切と言われています。

そこで結果を残せるように、夏まで頑張っていきましょう。

各自で申し込む人は、河合塾のサイトをしっかりと確認しましょう。

そして、申し込み忘れのないようにし、試験に挑みましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
こだわりない人は、全統を選べばOKです。

 

おすすめのマーク式模試②:駿台の共通テスト模試

次におすすめな模試は、駿台の共通テスト模試です。

駿台模試は難易度が高く、最初受験したときは驚きました。

  • 5月:第1回駿台共通テスト模試
  • 7月:第2回駿台共通テスト模試
  • 10月:第3回駿台共通テスト模試
  • 12月:駿台プレ共通テスト模試

駿台マーク模試は、問題の難易度が高く設定されています。

そのため、現状の自分の学力を試したい人におすすめの模試です。

基本的には、河合塾の全統模試をメインで受けるだけでOKです。

各自で申し込む人は、駿台のサイトを確認し、申し込みをしましょう。

難易度は少し高いため、偏差値にこだわる必要はありません。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
偏差値はあくまで基準の一部です。

 

おすすめのマーク式模試③:東進の本番レベル模試

最後におすすめするマーク模試は、東進の共通テスト模試です。

受験後の成績表が詳しく、今後の戦略を立てる際におすすめになります。

  • 2月:第1回共通テスト本番レベル模試
  • 4月:第2回共通テスト本番レベル模試
  • 6月:全国統一高校生テスト
  • 8月:第3回共通テスト本番レベル模試
  • 11月:全国統一高校生テスト
  • 12月:最終共通テスト本番レベル模試

東進のマーク模試は年に6回で、2ヶ月に1回模試があります。

受験勉強は2ヶ月後に結果が出だすの画像

受験勉強は、勉強内容が2ヶ月後に反映されると言われています。

それに東進模試だと、毎回確認・分析でき、ありがたいと思います。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
模試は解くだけでなく、分析が大事です。

 

記述式のおすすめな模試

記述式のおすすめな模試の画像

次は、記述式のおすすめな模試を紹介します。

  1. 河合塾の全統記述模試
  2. 塾の志望大学別の模試

順番に解説していきます。

おすすめの記述式模試①:河合塾の全統記述模試

全統マーク模試と同様に、河合塾の全統記述模試もおすすめです。

様々なレベルの受験生が受けるため、成績判定の信ぴょう性が高いです。

  • 5月:第1回全統記述模試
  • 8月:第2回全統記述模試
  • 10月:第3回全統記述模試

全統記述模試は、全統マーク模試を受けた1週間後にあります。

記述式の模試で、私立志望よりは国公立志望者向けです。

各自で申し込む人は、河合塾のサイトを確認して、申し込みしましょう。

特にこだわりがない人は、この模試を選んでおきましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
私立の人は受けなくてもOKです。

 

おすすめの記述式模試②:塾の志望大学別の模試

他におすすめな記述模試は、各大学と同じ出題形式の模試です。

この形式の模試は、年に数回しかなく、ない大学も存在します。

  • 6月:東大・京大・名大入試オープン(河合塾)
  • 8月:東大・京大入試実践模試(駿台)
  • 10・11月:有名大学の入試オープン模試(河合塾)
  • 10・11月:有名大学の入試実戦模試(駿台)

※東進は年数回、大学別模試を行なっている

大学別の記述模試は、そこまで数は多くありません。

そのため、数を受けるのではなく、1つの塾の模試に絞ってOKです。

10月は模試が多く、忙しい時期でもあります。

ただ、全国的に有名ではない大学でも、模試があることもあります。

その地域の予備校が同じ問題形式で、模試を作成しています。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
志望校と同じ形式を模試で受けれるので、おすすめです。

 

模試を受験しすぎるとNGな理由

模試を受験しすぎるとNGな理由の画像

最後に、模試を受験しすぎるとNGな理由と改善策を紹介します。

  1. 模試結果が全てではない
  2. やり直しの時間がない
  3. ペースメーカーで利用

順番に紹介していきます。

理由①:模試結果が全てではない

模試の結果が全てではないです。

模試はあくまで予想問題の画像

このことは知っている人が多いですが、行動まで移せていない人も多いのではないでしょうか。

模試なんて、問題が変わるから、適当でいいねんではなく、自分に足りないものを確認しましょう。

今までやってきたことを組み合わせたら解ける問題もあれば、全く知らなかった知識もあります。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
自分が入試本番前にどのくらいのレベルになりたいかを確認できたら、十分です。

 

理由②:やり直しの時間がない

模試をたくさん受けてしまうと、やり直しする時間が作ることができません。

国公立文系で必要な科目

  • 英語
  • 国語
  • 社会2つ
  • 数学1A2B
  • 理科基礎2科目

国公立志望だと、模試が朝から晩まで1日中あり、やり直しは次の日に持ち越すことになります。

1科目に1時間やり直しの時間がかかるとしたら、7時間以上は必要になります。

模試の復習だけで7時間必要なのに、模試をたくさん受けると復習する時間が作れない可能性があります。

1日に確保できる勉強時間を見ながら考えてみると分かりやすいでしょう。

  • 平日(私立・国公立受験生):4時間半以上
  • 土日(私立受験生):9時間以上
  • 土日(国公立受験生):10時間以上

模試や模試のやり直しに時間を割くと、もちろん勉強時間が減ってしまいます。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
リアルな話、模試をいっぱい受けたからと言って合格できる可能性が上がるわけではないですね。

 

改善策:ペースメーカーで利用

受験勉強は、長期間続けないといけないもので、途中で嫌になってくることがあります。

それならば、模試を中間目標として利用する使い方をおすすめします。

模試の受け方の画像

上記の2つの期間に、意識的に模試を入れると、勉強も頑張ろうとなるかもしれません。

模試をあまり受けたくない人も、この2つの時期には模試を受けることをおすすめします。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
模試の復習の仕方については、また別記事で紹介する予定なので、しばしお待ちください。

 

まとめ:大人数が受験している模試を受けよう

大人数が受験している模試を受けようの画像

「マーク・記述式のおすすめの模試」を解説しました。

目安としては、1ヶ月に1回以内がおすすめです。

河合塾のマークと記述模試は同じ月にあるので、仕方がないですが、大人数が受けているから判定もしっかりしています。

模試を受ける目的は、現状把握と今後の勉強の課題を見つけることです。

とりあえず模試を受験するだけでなく、今後に活かすために受けることを忘れないでおきましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
最後に結果を出すために、辛いですが、今を頑張っていきましょう。

noteの宣伝

最近はnoteを更新してます。

詳しくはコチラ

※良ければ、noteもどうぞ!

-大学受験, 模試・過去問