当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

大学受験 学校・塾

やっぱり受験勉強には有料の自習室がいいよね!【コスパよく合格】

やっぱり受験勉強には有料の自習室がいいよね!【コスパよく合格】のアイキャッチ画像

大学受験のために、塾に行くか悩んでいます。自習室だけ借りたらいいのですが、どうでしょうか?

こんな疑問に答えます。

この記事では、「大学受験のために有料自習室を借りるのがおすすめな理由を紹介します。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
1年浪人し、現在は大学生ですが、自習室だけでよかったなと過去を振り返って後悔しています。

結論から言うと、全員が塾にわざわざ行く必要はありません。

ただ塾に通うと、勉強する環境が整っていて、自然と勉強することができることは間違いありません。

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

大学受験に有料自習室がおすすめな理由

大学受験に有料自習室がおすすめな理由の画像

まずは、大学受験に有料自習室がおすすめな理由を説明します。

  1. オンラインで勉強できる環境になってきている
  2. 塾だと無駄に講座を取らないといけない
  3. 家だけで勉強だとメリハリがない
  4. どうせ全部自分で勉強しないといけない

順番に解説していきますね。

理由①:オンラインで勉強できる環境になってきている

近年は、オンラインで勉強することができる環境になってきています。

オンライン指導の塾のメリットの画像

そのため、勉強する場所を問わずに好きなところで勉強することができます。

対面では会えない先生の授業を受けることもできるのはメリットです。

もちろん塾の費用も、一般的な通学スタイルの塾よりも安くなっています。

勉強代の費用を少しでも抑えたい人にはオンラインタイプの授業はおすすめです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
大学受験にかかるお金をまとめているので、そちらも参考にしてみてください。
大学受験にかかるお金をまとめてみた。時期別と注意点を紹介!のアイキャッチ画像
大学受験にかかる費用をまとめた。【注意点も解説】

 

理由②:塾だと無駄に講座を取らないといけない

塾だと授業を受けるために、講座を取らないと受けることができません。

そのため、無駄に講座を取らないといけないこともあります。

無題に講座を取ったとしても、復習する時間がなければ実戦で使いこなすことは難しいです。

よくある塾の失敗例なので、講座の取り過ぎには注意してください。

授業の数よりも復習が大切の画像

授業を受けることは悪いことではないのですが、やっぱり復習することが大切です。

  • 英語の単語の〇〇+英文法△△の単元□□の内容
  • 数学の参考書p.〇〇+p.△△の組み合わせ
  • 国語の現代文の□□という解き方

せっかく復習するならば、どこに書いていたかまで確認をして、次回以降間違えないようにしましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
同じミスを何回もしないように復習の仕方にも工夫をしましょう。

 

理由③:家だけで勉強だとメリハリがない

家でずっと勉強していると、時には気分転換や煮詰まることがあるかもしれません。

勉強場所を変えるの画像

そういう時に、自習室のように場所を変えることができると、気分転換になります。

せっかく好きではない受験勉強をするならば、少しでも集中できる場でしたいですよね。

僕は家では受験勉強をせずに、自習室と図書館がメインでした。

家で勉強しなかったのは、家はリラックスする場として確保しておきたかったからです。

しっかりと場所を決めることで、勉強する習慣も身につきやすくなるので、場所を決めておきましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
もちろん学校の図書館とかでも大丈夫ですよ。
受験生が先に勉強する場所を決めておくべき理由【おすすめの場所】のアイキャッチ画像
受験生が先に勉強する場所を決めておくべき理由

 

理由④:どうせ全部自分で勉強しないといけない

国公立志望の人に向けてなのですが、全科目受験勉強の指導をしてくれる塾はあまりありません。

国公立志望で必要な科目

  • 英語
  • 国語
  • 社会1〜2つ
  • 数学1A2B ※理系はⅢまで
  • 理科基礎2科目or理科2科目

これらの科目の一部は、絶対に自分で勉強することになることがほとんどです。

特に共通テストだけの科目は、授業を受けずに自分で勉強することが多いです。

それならば、わざわざ塾に通わずに、自分で全科目やってやるで良いではないしょうか。

正直参考書とペンさえあれば、どこでも勉強することはできます。

その手段として、オンライン授業で足りない部分を補っていくといいでしょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
場所は問わないからこそ、自習室を借りてそこで勉強するのはおすすめです。

 

有料自習室がおすすめの人

有料自習室がおすすめの人の画像

次に、有料自習室がおすすめな人を紹介します。

  1. 自分で勉強することができる人
  2. 苦手科目のみ教えてほしい人
  3. 費用を抑えて勉強したい人
  4. 学生がほどほどの環境がいい人

順番に解説していきますね。

おすすめ①:自分で勉強することができる人

自分で勉強することができることは、わざわざ塾にいく必要はありません。

自分の苦手な分野が把握できている人ならば、その範囲を勉強することで苦手を克服することが可能です。

あまりこういうタイプは少ないですが、一定数存在しています。

自分で勉強できる人は、塾には行かずに、有料自習室という場だけ借りて自分で勉強していくのが良さそうです。

塾に行かなくてOKというよりは、塾に行かなくても問題ないという認識です。

計画が決まればすることの画像

上記のように、やることを決めたらすぐに計画実行することを忘れずに行いましょう。

最初の頃は、何か足りないなと思っていても実行に移してみましょう。

行動することが何が足りないか見えてくることもよくある話です。

むしろ行動しないと、あまり関係がない余計なものが見えてきて、勝手に不安になる可能性があります。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
僕は現役生の頃は手帳魔で、行動に移せなかった人間だったので、同じ道を歩まないように願ってます。

 

おすすめ②:苦手科目のみ教えてほしい人

苦手科目のみ教えてほしい人も、実は有料自習室がおすすめです。

苦手科目のみ教えてほしい場合の画像

参考書で勉強することは、一度挑戦しているものと仮定しています。

おそらく参考書を見ていて、厳しいとなったから苦手意識を持っていることが多いです。

そのため、周りに一旦苦手意識を取り除くために頼りましょう。

苦手意識がなくなったら、参考書を利用する方法で良いと思います。

なぜ塾よりも有料自習室を推すかと言われれば、理由があります。

それは塾に通うと、得意教科の授業も取らないかと言われることがあるからです。

苦手科目の勉強だけしたいと思っていても、自分のペースで進める科目まで授業で勉強することになりかねません。

受験勉強は不安になりがちだからこそ、弱みにつけこまれて、結果無駄に授業を取っていることも起こります。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
厄介ごとが嫌いな人は、黙々自習室だけ借りたらOKです。

 

おすすめ③:費用を抑えて勉強したい人

費用を抑えて勉強したい人は、塾に通うことよりも自分で勉強することがおすすめです。

費用を抑えて勉強したい場合の画像

自宅で勉強できる人は、そちらを選択するのがベストですが、人目のつく場所で勉強する方がメリハリが生まれます。

それに習慣つけるという面でも、場所を変えることで、やろうという気持ちになるのではないでしょうか。

自習室であれ、自宅であれ、必要になってくる勉強代は、参考書・問題集がメインです。

最低限、それだけでも受験勉強対策をすることができます。

もし必要な人は、オンラインの授業などを取ってみても良いでしょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
塾に通うメリット・デメリットをまとめているので、そちらも参考にしてみてください。
大学受験のために塾に通うメリット・デメリットを大学生が解説!のアイキャッチ画像
大学受験のために塾に通うメリット・デメリットを大学生が解説!

 

おすすめ④:学生がほどほどの環境がいい人

勉強するときに、周りに学生が多すぎるのが嫌だという人も有料の自習室がおすすめです。

予備校選びのコツの画像

有料自習室だと、勉強しようと来ている大学生や社会人もいて、良い意味で刺激を受けることができます。

なかなか高校生のときに、勉強に頑張っている大人と同じ環境にいることはできないでしょう。

学生ばかりだと、休憩するときに無駄に何時間も話してしまうことも起こります。

勉強の休憩は10〜15分ほどの画像

受験勉強は大変なものだからこそ、友人と無駄に長く話し込んでしまうことも塾だとあります。

最悪な話、塾から抜け出して外で長時間話し込んでしまうことです。

僕も現役生のころ、塾から出て外でよく話していた過去があります。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
自習室だと、周りに学生も少なくそんなことも起きにくいのではないでしょうか。

 

どんな視点で有料自習室を選べばいいのか?

どんな視点で有料自習室を選べばいいのか?の画像

最後に、どんな視点で有料自習室を選べばいいかのコツを説明します。

  1. 場所・立地で選ぶ
  2. 空いている時間・値段で選ぶ
  3. 電卓・パソコンがNGかで選ぶ
  4. 補足:質問するならば塾でもOK

順番に解説していきますね。

コツ①:場所・立地で選ぶ

有料自習室を選ぶポイントとして、まず優先してほしいことは場所です。

高校生ということもあり、高校が終わってから通うことを前提に考えましょう。

学校があると勉強は夕方以降にの画像

そのため、学校から家の帰り道の近くにある場所だと通いやすいです。

土日のことも考えると、家から近い方がいいですが、自習室自体がなければ仕方がないです。

わざわざ勉強するために、遠くの場所に移動するのは正直面倒臭いの一言です。

もちろんできる限りで良いので、家と学校の通り道にある塾を選びましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
学校がある日とない日の勉強時間をまとめているので、参考にしてみてください。
学校がある日と学校ない日の勉強時間解説【大学受験生必見!】のアイキャッチ画像
学校がある日と学校がない日の勉強時間紹介【大学受験生必見!】

 

コツ②:空いている時間・値段で選ぶ

自習室によって空いている時間や値段は少し違います。

自習室の選び方の画像

自習室に求めるこだわりは人に少し変化しますが、似ている部分はあるでしょう。

  • 朝早く開く自習室
  • 夜遅くまで開いている自習室
  • 24時間空いている自習室
  • 土日だけ通えたらOKな自習室
  • 月に1万円ほどで通える自習室

特に自習室の空いている時間は、しっかりとこだわりを持って選択してほしいです。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
近くに良い自習室がないこともあるので、条件はほどほどでOKです。

 

コツ③:電卓・パソコンがNGかで選ぶ

有料の自習室だと、パソコンや電卓がOK・NGのところがあります。

  • パソコン:仕事のため
  • 電卓:資格勉強のため

色々な人が、色々な目的のために自習室を使いに来ているので、キーボードの音がうるさいこともあります。

だが、自習室によりますが、キーボードはNGというふうにルールが決められていることもあります。

勉強しているときに、他人のキーボード音がうるさいと迷惑でしかありません。

僕も受験勉強をしている最中は、周りの音に対して敏感になっていた記憶があります。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
できる限りルールがある自習室なら、安心して勉強することができるはずです。

 

補足:質問するならば塾でもOK

ちなみにですが、勉強の質問をたくさんしたい人ならば、塾の方がおすすめかもしれません。

有料の自習室だと、受験勉強専門の人はいなく、質問することが難しいことが多いです。

もちろん質問することはあまりない人は、自習室で十分だと思います。

ちなみにですが、塾ではなくて、学校の先生やオンラインで質問することもおすすめです。

勉強の質問を誰にするの画像

基本は、学校の先生に質問するのがおすすめです。

ただ学校の先生に授業以外の質問するのが、気が引ける場合はオンラインで質問するのもありです。

たまにTwitterとかで質問もしている人がいたので、そちらを利用するのもありではないでしょうか。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
ただスマホ依存にならないように注意してくださいね。

 

まとめ:オンライン+有料自習室という手もあり!

オンライン+有料自習室という手もあり!の画像

「有料自習室がおすすめの人」を解説しました。

大学に進学するために、必ずしも塾に行く必要はありません。

第一志望の合格最低点さえ超えることができれば、自習室や家で勉強していたってOKです。

ですが自分で何を勉強したらいいか分からない人は、しっかりと聞ける環境を用意する必要があります。

自分に合った環境に所属して、受験当日まで勉強することを継続していきましょう。

秋晴シュウ
秋晴シュウ
オンライン+有料自習室という勉強の仕方もありなので、候補に入れてみてください。

noteの宣伝

最近はnoteを更新してます。

詳しくはコチラ

※良ければ、noteもどうぞ!

-大学受験, 学校・塾